なんとなくそれなりに走ってます

とりあえず走り始めたのは2010年12月そして本格的に走り始めたのは初フル大阪マラソンが当選した2012年5月からでした。 初フル大阪は5時間オーバーのきついレースでしたが、2014年3月篠山で初サブ4を達成しその年の12月防府読売マラソンで3時間40分まで記録を伸ばしました。 そして、2015年伸び悩んでます(笑)

2018年09月

台風21号の前はいい天気だった。一昨日もとても良い天気。24号もきっとやって来る。被害が出ませんように。そんな一昨日肉ざんまい。
お昼のランチはしゃぶしゃぶランチ!夜は焼き肉で懇親会。焼き肉の写真は撮り忘れたけど、口の中で溶けるくらい美味しいお肉でした。
お昼はこちら
イメージ 1
牛肉、豚肉が半々、これ以外にドリンクバーとデザートにバニラアイスが付いてなんと税込み540円。
通常の半額セール中でした。うどんより安い!
お店の名前も『しゃぶ亭 まる』
いい感じでしょ(^^)

昨日はお昼からTH2さんと我が家で丹後完走祝い!
イメージ 2
つまみは近くのスーパーで買い物(^^)
イメージ 3
この後、カラオケに繰り出し遅くまで飲み明かしました。
TH2さん米津玄師のLemon上達してたね(^^)
詳しくはレポしてくれるはず(笑)

---------------------------

さて、えーかわさんと合流してから90Kを通過
90K 12:10:02[1:21:50]
残り10K 1時間50分
歩き倒したら完走は無理だけど、キロ10分でも余裕でゴール出来る。でもえーかわさんはまだ完走出来る安全圏内に入ってないと真剣な表情だった。
三津浜小学校の坂とか気にしているので、コース変更してそこは通らないことを教えてあげた。でもその分他の坂もあるし、ゴールは再び浅茂川まで迂回させられるけど(笑)

しばらくすると前方にぐわぁT が見えて来て、どんどん近づいてくる。まさかのハマーさんだった。
並ぶとかなり疲労困憊状態。こちらも同じぐらい疲弊してて、どちらかが歩くタイミングで抜いたり抜かれたり。
そんな中、琴引浜へ向かう下りで脚が攣った。ガードレールにつかまり足を伸ばす。最後の塩タブを口に放り込みハマーさんを追う。三本松を過ぎた辺りで再びハマーさんと一緒になる。えーかわさんも追いついて来た。
ほぼ3人同時に応援隊第2ポイントへ到着。
イメージ 4

残り約5Kぐらい。
応援隊に手を振りながらゴールに向かう。もう完走は間違いないのでえーかわさんにある提案をしてみた。
ハマーさんと3人一緒に手繋ぎゴールしましょうよ!
前回たーはるパパさん、メガネくんと一緒に手繋ぎゴールしたシーンをおじさんは思い出していたのだ。記憶に残るゴールを再びと思ったんだけど、、、
ただえーかわさんは必死の形相をしてて、まだ完走を確信出来てない状態だった。
彼はいや、まだ自分のペースでしっかり走りますと言われあっさりと拒否された( ̄▽ ̄)
仕方がないえーかわさんがしっかり走りますと言われるのなら、おじさんもしっかり最後まで走るしかないとスイッチを入れた。
残りは歩かず最後まで走り切ることに決めた。きっとえーかわさんも一緒について来てくれるだろう。しっかり前を向き腕を振り足を上げた。
もう足攣りの兆候は治ってた。ペースが上がる。
ゴールまでのガーミンの記録
イメージ 5
再び浅茂川辺りに戻って来て、後ろを振り返ってみるとそこにえーかわさんの姿は無かった。あれ?

その時のことをえーかわさんのブログではこう書かれている。
82km過ぎからTHさんと一緒になった。
といっても、ずっと並走していた訳ではなく、下りはちょっとだけ私が前の時もあったけど、基本THさんが20m~50mぐらい前を走っていた。下りや信号待ち、エイドで追いつてまた離れていく。
THさんは、一度丹後を完走している。ご自身の余力と相談しながらゴールを目指しているのが大前提なんだけ、ずっと不安を口にしている私をそれとなく引っ張ってくれていたんだと思う。一定の差が出るとなんとなくスピード緩めてくれたりで結局10km以上差のないところで走ってくれた。
私が完走大丈夫とTHさんが感じた時点で、私を捨ててTHさんは遠くへいってしまった。(笑)
えーかわさん目線だと見捨てたことになってますやん!(笑)
違う違う!えーかわさんに手繋ぎゴールを拒否され、しっかり走ります!って言われたからおじさんは最後まで走っただけで、決して見捨てた訳じゃないよ!

一人になると歩きたくなったけど、残りは走ると決めてたので、浅茂川からの緩い上りも、最後の橋の上りも全て走りきった。
イメージ 6

イメージ 7
ほら、結構スピード感あるでしょう?(笑)
イメージ 8
100K 13:32:43[1:22:41]

制限時間28分前、四年前は11分前だったので17分ほど自己ベスト更新してゴールすることが出来た。
今回は完走率も55.7%と大変低い中、完走出来て四年前のゴールもフロックではなかったことを証明出来てホッとした。


丹後についてはもう一回だけ書くつもり。
続きます(^^)





お帰りの際はこちらをポチっとお願いします。
イメージ 6

昨日は愛媛マラソン抽選発表の日。
結果は無事当選!5年連続で走ることが出来ます。ご一緒する皆さん宜しくお願いします。
愛媛マラソンの参加賞は過去Tシャツ、キャップ、グローブの順番で回ってて前回がTシャツだったので、今回はキャップの番。
イメージ 1
写真は前回のキャップ。
色んな大会で見かけるけど、、、微妙( ̄▽ ̄)
どんなキャップになるのかな?

さて、丹後レポの続き
碇高原の関門を通過出来て、荷物を受け取り前回同様両足にバンテリンをたっぷりと擦り込む。
エイドではそうめんをいただき再スタート!
下りをかっ飛ばす!(自分比)
初めて参加した時は足が痛くて痛くて歩かざるを得なかった坂を元気に下る。走ってることが嬉しかった。4年前の自分より確実に成長している(^^)
そして前回絶望感を味わった海岸線へ!
今年の海は綺麗だった。しっかりと目に焼き付けた。
ただ下りで足を使い過ぎたみたい( ̄▽ ̄)
歩きが多くなってきた。

80K 10:48:12[1:23:03]
残り20K 3時間12分

80Kを過ぎ、しばらくすると猛スピードで坂を下って抜き去るぐわぁT が!
えーかわさんだった。凄く驚いた!
追いついて来たことはもちろん、ここに来てあのスピードで走れてることに。
ここからしばらくは付かず離れずで、一緒に走ることになる。
こちらはよっぽどのことがあれば別だけど完走を確信していたので、このまま一緒にゴールまで行って最後は手繋ぎゴール出来るなあなんてことを考えながら進んでた。
でも初丹後完走を目指すえーかわさんは、タイムの計算に熱心で、おじさんが完走出来ますと伝えても全く信用してくれなかった(笑)

丹後庁舎の最終関門が見えた。
16時10分頃かな?関門15分前。
残り約15K、2時間20分!

海岸線を歩き倒した分、貯金を食い潰した。
なのでつみれ汁を頂き直ぐにスタート!走り中心で前に進む。
ただ走り続けるとやはり両太ももがピクピク、塩タブを口に放り込む。
そんな中でもえーかわさんに完走出来ます!大丈夫ですよと話しかける。
ひょっとしたら自分自身に語りかけてたのかもしれない。

続きます。
次はゴールまで書くつもり!



お帰りの際はこちらをポチっとお願いします。
イメージ 6

昨夜東京マラソンの入金を済ませました(^^)
もぉ今からワクワク!♡

さて、丹後ウルトラマラソンレポの続きです。
おじさんのウルトラマラソンを走るスタイルは気持ちのいいペースで走る、しんどかったら歩く、関門時間は気にしない、それでダメだったらDNF。
だからペース表なども一切持たない。
だって時間気にしながら走っても楽しくないよね、完走する為に辛い練習はしてきたでしょう?もう本番では楽しむだけ。
いつもそんな感じで走ってきた。

そして再びこちらの写真
イメージ 1

この写真を見て何故かおじさんの脳内では次の碇高原の関門時間を14時と勘違いしていた。
残り18K、約2時間35分(実際は3時間15分)で碇高原へ400mの上りを含むコースを走るのは厳しいなぁ~!と思ってしまった。
何故そう思い込んだのだろう?ここに来るまでに相当疲れ切っていて色んな意味で余裕が無かったんだろうな。
途中でもう一度確認したかったけど、携帯は既に充電切れだった( ̄▽ ̄)

弥栄庁舎のエイドではまるさきさん、まくりくママさんと一緒になった。そうそう残念ながらリタイアという勇気ある選択をされたサトさんも一緒だった。
こちらのエイドでは名物のばら寿司、ぶどうなどを食べてから出発した。
トイレに立ち寄られたまくりくママさんとはここでお別れ、ここからしばらくまるさきさんの背中を見ながら走ることに。
コースは試走含めて何度か走っているので、良く知っている。一つ目のトンネルまで緩い上りだ、そしてそこまでが結構長い、トンネルを通過してもまだ緩い上りが続くが、二つ目のトンネルまでは短い。
この区間は無理せず走ったり、歩いたり。まるさきさんの背中を視界に捉えながら進む。
二つ目のトンネルを越えるとちょっと下ったところにエイドがある。
私がエイドに到着するとまるさきさんが出発する感じ。そしてこのエイドを出てからはしばらくフラットな区間が続く。ここからは走り続ける区間、走れる区間なのだ。ここが頑張りどころだ。

60K 7:51:58[1:31:03]

エイドを出てまるさきさんに追いついて、一言『走ります』と告げて前に進んだ。
時計を見ると6:00~6:20ペースで走れてた。
ここまで随分と休んだから少し復活してきたようだ。
ラップを見ると
63K 8:57←トンネル過ぎのエイド
64K 6:07
65K 6:16
66K 7:18←フラット区間終わり
このラップを見ても分かる通り、おじさん的には本当に頑張った。その分とても辛かった( ̄▽ ̄)
頑張っても関門通過が厳しい状況が変わらないのが本当に辛かった。
ここで俺の丹後は終わるの?約束は?
とりあえず出し切って終わろう!それだけを考えて前に進んだ。
そんな時プーさんに出会った。超びっくり!
ホッとして関門が厳しいと弱音を吐いてた。
プーさんはいい走りしてるから行ける行けると励ましてくれた。巻き寿司は出なかった(笑)

そしていよいよ本格的な上りが始まり、絶望へのカウントダウンが始まる。
68K 10:29
69K 11:04
70K 11:49
もう上りは全く走れない。時は進む。急な上りが終わり三叉路を左へ、ここから碇高原までまだまだ微妙なアップダウンが続く。
70K 9:25:09[1:33:11]
       13:55:09
終わった。残り1.8Kを5分では走れない。それでも関門に向かって歩かず走り続けた。
71K 7:25
72K 6:40

碇高原のエイドに飛び込んだ。
エイド内には打ちひしがれた人が沢山いるんだろうなと思ってたら、普通の雰囲気。なんか拍子抜け。
ひょっとして関門通過出来たのか?
恐る恐る看板を見ると40分勘違いしていることに気がついた( ̄▽ ̄)
この瞬間おじさんは完走を確信した。
絶望から希望へそして確信へ、そんな感じ。

碇高原関門通過時間14時08分
32分も余裕があったのだ。
続きます(^^)



お帰りの際はこちらをポチっとお願いします。
イメージ 6

嬉しかったので更新!(笑)

まさか?
まさか?
東京マラソン走ってもいいみたいです!
今まで4年連続落選でしたがついに当選です。
本日13時に下記のメールが届きました!
イメージ 1

後は入金を忘れないことだな(≧∇≦)

お帰りの際はこちらをポチっとお願いします。
イメージ 6

丹後が終わってぼちぼち走り始めています。今朝はようやく10K走れました。箕面の滝へ続く滝道は台風による倒木で通行止めが続いてます。紅葉の季節までには通れるようになるのかなぁ?
イメージ 1
オイオイ、そこのおっさん!通行止めやで!
---------------------------------------------------------------

さて、丹後レポの続きです。
七竜峠を越えてひたすら歩いていると
イメージ 3
ごえ家エイド
テントの下では仲良さげな夫婦が黙々とコーラを注いでいた。
イメージ 4
ごえちゃんのお股で温めてあるはずのホットコーラを注文したら忙し過ぎて対応出来ないらしい(笑)
まぁ出てきても飲まないけど(-.-;)
有り難く冷たいコーラを2杯頂きました。
ごえちゃん、ジャイコお疲れ様でした。

そしてようやくフルの距離。ここからもう1本フル走って、更に16Kと思ったら軽く目眩がした。
イメージ 2
とりあえず初フルのゴールタイムより10分早く通過。
浅茂川のエイドに向けてひたすら歩く。
浅茂川エイドの手前でまるさきさんが追いついて来た。エイドまで一緒に走りtenkoさんの横断幕の前で記念写真!
イメージ 5
かろうじて笑顔!
そして浅茂川エイドでは真っ先にボランティアの中学生がマッサージをやってくれているので、そこにピットイン。
イメージ 6
おじさんの汚い足を一生懸命マッサージしてくれたサッカー部中学生、本当にありがとう(^^)
これで、おじさんの足は少し回復して来ました。
御礼を伝え立ち上がるとえーかわさんも到着。ちょっと話しをしてスタート。
先に出てたまるさきさんを追う。
八丁浜を走り三本松の手前でまるさきさん、まくりくママさんと一緒になった。
ここからかおりんさん達が待つハテナ食堂エイドまでは抜きつ抜かれつ、ほぼ同じペースで。

はてな食堂ではコーラを数杯、きゅうりなどを頂き
イメージ 7
かおりんさんのコレで元気になる(笑)

イメージ 8
こんなにも愉快な仲間たちが素敵なエイドを出してくれて応援してくれたら頑張らないわけにはいかない。
弥栄庁舎のエイドを目指して前に進んだ。
50K 6:20:55[1:28:13]

そして弥栄庁舎到着
イメージ 9
この写真を撮った後、携帯の充電が切れた。
そしてこの後おじさんはここで大きな勘違いをすることになり、絶望感に包まれた。
続きます。



お帰りの際はこちらをポチっとお願いします。
イメージ 6

↑このページのトップヘ